名誉理事長 大滝精一

名誉理事長 大滝精一

みちのく6次産業プラットフォームへの期待

みちのく6次産業プラットフォームは、農商工連携プロデューサー育成塾の一期生を中心にして、東北地域に新たな農商工連携ビジネスを増やすことを目的に、2010年4月に設立された組織です。卒塾一期生が自らの事業計画を実現させていく場であると同時に、農商工連携の中核企業や先進事業者のネットワークをつくることによって、「プロデューサーが新たなプロデューサーを支援する」役割をはたすことが、このプラットフォームの大きな特長です。

この目的の達成に向けて、まず農商工事業者および支援事業者からなる会員事業者の情報提供や紹介、勉強会、交流会から始め、農商工連携事業のマーケティングや販路開拓などの出口支援を進め、さらに将来的には農商工連携のマッチングやコンサルティングの展開を通して、持続的な農商工連携支援を実施できる組織を目指しています。会員企業を活用した支援メニューのプロデュースによって、ひとつでも多くの農商工連携事業を東北に誕生させたいというのが、私たちの願いです。

ページトップへ戻る▲

 


 

 

理事長 望月孝

理事長 望月孝

「みちのく6次産業プラットフォーム」は、農商工連携プロデューサー育成塾の1期生を中心に、当塾を運営する東北農商工連携プロデューサー育成コンソーシアムや当塾講師の皆さまのご支援を頂いて、平成22年4月に設立されました。

農商工事業者、支援する事業者の皆さまとの実践共同体を目指し、業種や地域を超えて、農商工連携を中心にした6次産業化を実現していきたいと考えています。

あるテーマに関する関心や問題,熱意などを共有し,その分野の知識や技能を,持続的な相互交流を通じて深めていくグループやコミュニティ。

ページトップへ戻る▲

 


 

 

副理事長 橋浦隆一

副理事長 橋浦隆一私自身が農商工プロデューサー育成塾を通して、たくさんの出会いとビジネス上の新発見をすることができました。人と人が結びつくことで新たな付加価値につながることは多いと思います。

プラットフォームでは、6次産業化を推進するネットワーク作り、交流に力点を置いて活動していきたいと思います。目指せ地域のプロデューサー!!

 

ページトップへ戻る▲

 


 

 

副理事長 佐々木雅弘

理事 佐々木雅弘

昨年30年勤めた会社を退職し、育成塾2期生として学び、みちのく6次産業プラットフォームの活動に参加します。前職での経験を生かしながらも視点を変え、東北の農業者を新たなステージに上げるべく、行動したいと考え、それによって町、地域が活性化することを目標とします。今、地域は連作障害に陥っています。私はそれを元気にする『有機肥糧』になるつもりです。

 

ページトップへ戻る▲

 


 

 

理事 飯川洋一

理事 飯川洋一平成21年に農商工連携プロデューサー育成塾に参加させていただき、仕事にライフワークに真剣に取り組む仲間と出会い、その中で強い信頼関係が生まれました。そして、この関係を発展させ、今回農商工連携によるビジネスの実践とネットワークの構築のためのコミュニティを設立しました。
将来にわたり子供たちに残していく自然環境をどう守っていくかを考えた場合、ひとつの方策として、日本の農業をどう守っていくかと重ね合わせて考えることが可能だと思います。そのためには農業者側の努力のみでは不十分であり、消費者や商工業者の理解と協力が不可欠です。
今後は、みちのく6次産業プラットフォームのネットワークを利用し、付加価値の高い商品やサービスを企画し提供していくとともに、私自らもこうした6次産業化を通した地域活性化を実践し、会員同志と共に活動を展開していきます。

ページトップへ戻る▲

 


 

 

理事 新沼史智

理事 新沼史智私自身、前職である畜産業界時代の苦悩をITに求め、全く業界経験が無い中で邁進してまいりましたが、この度、「みちのく6次産業プラットフォーム」を皆様方と組織することで、各々を結びつけ今までにない付加価値の創造、拡大、競争力の強化に役立ちたいと考えます。

東北の地に広がる地域資源を様々な視点から支援し、新たなビジネスモデル創出する。そして、東北の地で新たな雇用のお手伝いをしてゆくべく、活動を行ってまいります。当プラットフォームのご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る▲

 


 

 

理事 三浦博光

理事 三浦博光私は1次2次3次で困っている方の相談役からつなぎ役になりたい。其々のニーズをただつなぐだけでなくより有機的で地域を考えた連携、長く付き合える関係作りができればと思っております。

 

 

 

ページトップへ戻る▲

 


 

 

理事 青木聡志

理事 青木聡志2011年度、農商工連携プロデューサー育成塾に2期生として参加させていただき、大変多くのことを学ばせていただきました。

事業者として参加した以上、何かしらの形で成果に結びつける必要を感じています。みちのく6次産業プラットフォームは、1次2次3次と様々な方々で構成されており、このネットワークを活用することで、幅広く地域に貢献ができると感じております。私自身、飲食の立場で行えることを皆様と共に考え、精進してまいりたいと思います。

ページトップへ戻る▲

 


このページを印刷する このページを印刷する