松島の風景JA仙台松島地区館内では様々な農業が行われており、その農業に関しても様々な取り組みを行っています。

みちのく6次産業プラットフォームは、松島の農業を知ってもらいたい、そして好きになってもらいたいという思いで、JA仙台 松島あぐり塾実行委員会が今年度主催する『JA仙台 松島あぐり塾~松島で農業を好きになろう~』に、地域の復興への取組の一環として、共催として参加いたします。


 

開催期間

  • 5月~11月 5回コース

開催場所

  • 松島町幡谷地区

参加料

  • 1名あたり年間3,000円(傷害保険料込)

対象者

  • 松島の農業に興味がある方(親子での参加も大歓迎です)

定員

  • 20名
    ※定員になり次第締め切り。
    • なお、1人で全回数は参加できないという方で、交代で参加したいというような場合は、下記連絡先までご相談ください。

申込方法

松島の農園

申込期日

  • 平成23年5月16日(月)

お問い合わせ先

 

 


 

年間スケジュール

第1回:開塾式・田植え・手づくり味噌作り(5月)

  • 開塾式:参加者とスタッフの紹介
  • 『東北194号ってどんなお米?』
    →お米の特徴と、その販売戦略について説明を受けてこれから自分達で田植をするお米について知ろう!
  • 田植え
    実技指導ののち実際に体験をしていただきます。(手植えも行いますよ!)
  • 味噌作りを体験する。
    (農業農村活性化協議会メンバーによる指導で行います。)

第2回:田んぼ生物調査・松島農業見学ツアー (7月)

  • 田んぼ生き物調査
    →減農薬参・減化学肥料の農法が定着しつつあり、どじょうやふなが戻ってきています。(なにがいるか楽しみですね☆)
  • 松島農業見学ツアー ”松島の農業も元気です“
    →家畜・酪農・養鶏・愛らんど松島・根廻やさい畑等を見学し松島の農業を知り尽くそう。

第3回:米の花見・松島白菜の再生・とうもろこし、枝豆収穫(8月)

  • 米の花を実際に見てみましょう。
    (開花は、数日間しかありません)
  • 松島白菜の歴史について講習
    →松島復興のひとつの象徴としたいと思っています。
  • とうもろこし、枝豆収穫
    →その場で食べます。お土産もあります♪

第4回:稲刈体験(10月)

  • 実際に参加者に稲刈を行っていただき、コンバインでの稲刈り作業も経験できます。

第5回:新米試食会(11月)

  • 豆腐作り
    →松島産の大豆を使用し、絹ごしと木綿豆腐を作ります。
  • 新米を食べながら、これから実際に東北194号をお客様に出していただくホテルの従業員も交えて懇談会行います。
  • 閉塾式

この記事を印刷する この記事を印刷する