先日開催した「みち6研究会」~米の機能性・米油研究プロジェクト~

 第2回では、米油の特徴や商品化のお取組みをお聞きし、皆で今後の米油の商品開発等について考えていきたいと思います。
 皆様のご参加をお待ちしています。

  

 

 


 

 東北は米の一大生産地として全国に知られています。TPPや日本人の米離れなど問題は少なくありませんが、私たちの主食として多くの人たちに食されています。
 みちのく6次産業プラットフォーム及び松島町幡谷地区食の健康・自給化推進協議会では米油を利用した商品開発を検討しています。米油は、食べた後の胃もたれが少なく、ヘルシーフードとして注目されています。

【開催日時】:平成24年2月28(火) 16:00~18:00
【場所】:フォレスト仙台 2階 第2会議室(別紙の案内図をご参照ください)
  住所:宮城県仙台市青葉区柏木1-2-45  TEL:022-271-9340
【参加対象】:農商工連携プロデューサー育成塾1・2・3期生、及びみちのく6次産業
             プラットフォーム・松島町幡谷地区食の健康・自給化推進協議会ご関係
                      者、また米油にご関心のある方
【定員】:25名(定員になり次第受付を終了いたします)
【参加費】:無料 ※懇親会に参加の場合は、5000円を頂戴いたします。
【問合せ・申込み】:参加申込書にご記入のうえ、メールもしくはFAXで送付願います。

参加申込書・チラシデータ第二回みち6研究会案内

【内容】:
「宮城のお米の現状と今後の方向性」
 宮城県北部地方振興事務所農業振興部・大崎農業改良普及センター
 農業普及指導専門監   永野 邦明 氏
「米油に関する商品の紹介」
 三和油脂株式会社 営業課長 島貫 文男 氏
「米油試食会の結果の報告」
 SASAKI農産企画 代表 佐々木 雅弘 氏
「総括と今後の商品開発に向けて」
 宮城大学食産業学部 教授 津志田藤二郎 氏
意見交換 「米油を活用した商品開発について」
※当日、ご参加の皆さまに、ご家庭や会社で料理などにお試しいただくための米油を配布いたします。
※研究会終了後、米油を使用した料理を試食する懇親会も予定しておりますので、是非ご参加下さい。

【主催】みちのく6次産業プラットフォーム
【共催】松島町幡谷地区食の健康・自給化推進協議会
【実行委員長】 みちのく6次産業プラットフォーム 理事/SASAKI農産企画 代表 佐々木雅弘


この記事を印刷する この記事を印刷する