NPO法人みちのく6次産業プラットフォーム事務局 佐藤です。

8月10日(土)に、当法人が実施に協力している「松島Myがーでん」で農作業を行いました。


当日は30度を超える厳しい暑さではありましたが、19名の参加者が集まりました。

参加者の中には1歳~7歳のお子様が4名含まれていて、

にぎやかな雰囲気の中作業が行われました。

松島Myガーデン8.10

作業の合間に談笑する様子

 





最初に、ハウスでナスやプチトマトを収穫するグループと、

白菜の種まきを行うグループに分かれて作業を行いました。

 
収穫のグループは、サウナ状態のハウスの中、

大きく育ったナスと真っ赤に実ったプチトマトを籠いっぱいに収穫しました。


一方白菜の種まきグループは、2つのポットに種を植えていきました。

小さな種を扱う作業はちょっと目を離すと

「どこまで植えたっけ?」ということになりかねないので、

和気あいあいとした雰囲気の中でも皆集中して作業に取り組んでいました。

 

松島Myガーデン8.10

今回植えた白菜の種です!!


白菜の種は10日前後で発芽するということ、発芽率が50%程度であるということなど、

白菜にまつわる知識も教えていただき、これからの成長が楽しみです。




次に全員で圃場に移動し、

ジャガイモ・トウモロコシ・ブロッコリー・枝豆の収穫作業を行いました。

 

松島Myがーでん8.10

みんなで協力してジャガイモを掘る様子



ジャガイモを収穫する時の土を掘り返す感触、鍬を振り下ろす感触は、

ハウスでの作業とはまた一味違ったものでした。

拳くらいの大きさのものや、一口サイズの可愛い大きさのものなど、

大小さまざまなジャガイモを収穫することができました。



トウモロコシと枝豆は収穫後にすぐに茹でて、試食をしました。

参加者からは「こんなに甘くて美味しいトウモロコシは初めて!」

「枝豆美味しい!ビールが欲しくなる!」という声があがっていました。

採れたてならではのプチプチした歯ごたえと自然な甘みを堪能しました。


松島Myがーでん8.10

茹でたてのトウモロコシ&枝豆を食べる様子


参加者の方から冷たいアイスや、スイカの差し入れを頂きました。

大変厳しい暑さの中での作業だったので、休憩時間や作業後に美味しくいただきました。

ありがとうございました。 熱中症になる人もいなかったので良かったです。



次回は8月25日(日)に開催いたします。

次回は、作業終了後にバーベキューを行う予定です!!


この記事を印刷する この記事を印刷する