NPO法人みちのく6次産業プラットホーム事務局 佐藤です。

9月7日(土)は雨で作業が延期になりました。

この振替を9月14日(日)に行い、「松島Myがーでん」で農作業を行って参りました。

 

 

 

収穫の様子

収穫の様子

 

 

 

台風の接近で天気が心配されましたが、

この日は晴天に恵まれました。

 

 

ハウスでは、なす・トマト・パプリカの収穫作業を行いました。

夏野菜もそろそろ収穫が終わる時期になってきました。

大ぶりの野菜たちがカゴいっぱいに収穫できました。

 

 

ハウスの中にできた蜂の巣にびくびくしつつ、

取り残すことがないように

野菜の重さで垂れた枝葉をかき分けて収穫を行いました。

(蜂の巣はこのあと農家さんに退治していただきました。)

 

 

畑では、五寸人参や里芋、カボチャの収穫を行いました。

葉付の人参はスーパーではめったに見られません。

参加者からは「葉っぱのついてる人参だ!」という声も挙がっていました。

 

 

収穫した五寸人参

収穫した五寸人参

 

 

収穫の後は定植作業を行いました。

畑には大根と松島白菜、ハウスには小松菜と3種類の大根を植えました。

 

松島白菜は大正9年頃に作り出された品種で、

仙台白菜の元になったと言われている伝統野菜です。

地産地消でよく話題になっており、何度か耳にしたことがありました。

成長し、収穫するのが楽しみです。

 

 

宮城大学&東北学院大学のインターン生

宮城大学&東北学院大学のインターン生

 

 

参加者の方が収穫したカボチャを煮付けにしてくださり、

農作業の合間に、全員で取れたて野菜の美味しさを味わいました。

砂糖をあまり入れなくても甘みがあり、とてもおいしかったです。

 

 

秋野菜を植える作業も行い、季節の移り変わりを感じました。

秋にはどんな野菜が収穫できるのか、今から楽しみです。

 

9月29日(日)開催予定の次回は、畑に、にんにくを植えます。

日に日に秋が深まってきました。

食欲の秋!ということで次回はどんな野菜が収穫されるのか楽しみです。


この記事を印刷する この記事を印刷する