NPO法人みちのく6次産業プラットホーム事務局 佐藤です。

2月22(土)はMyがーでんの会員の皆様と味噌作り体験を行いました。

松島町幡谷地区の味噌工房「角田」に到着すると

早速作業着に着替えて味噌作り体験スタートです!

味噌作り体験

味噌作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは麹をかき混ぜます。

ふかふかの麹

ふかふかの麹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふかふかして気持ちよかったです。

 

次に大きな圧力釜で煮上げた豆(松島特産品のミヤギシロメ!)を作業台に移動し、

人肌くらいの温かさになったら麹・塩・水と混ぜていきます。

混合の様子

混合の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よくかき混ぜたら、「チョッパー」というミンチ状にしていく機械に投入します。

出てきた味噌は、想像していた焦げ茶色ではなく薄い茶色。

「マロンクリームみたい!」という声もあがっていました。

発酵が進むと、色がついてくるそうです。

チョッパーでミンチ状になった味噌

チョッパーでミンチ状になった味噌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩の際にはブランド商品として知られる仙台味噌と

角田さんの工房で作られた味噌の食べ比べを行いました。

仙台味噌に比べて角田さんの工房で作られたものは

色が薄く、味がふくよかで、懐かしい家庭の味がするそうです。

 

この日は味噌作りの最終工程だけを体験しましたが、

味噌作りは本来、大豆選びや浸水などの仕込みにも時間がかかるそうです。

完成も10ヶ月~1年後の発酵が進んだ頃になります。

・・美味しいものを作るには手間と時間がかかります。

これは1年間の活動で学んだことのひとつです。

 

冬の寒い時期に仕込んだ味噌は美味しい!と聞きましたので

完成が今から楽しみです。

 

味噌作り体験が終わり、畑の様子を見に行きました。

今週のへそ大根は

へそ大根の様子

へそ大根の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ小さくなってきました!!

そろそろ食べ時でしょうか。

また成長が遅くて心配していた小松菜も大きくなっていました。

ハウスの隙間風を防いだことがよかったのでしょうか。

 

次回Myがーでんは3月9日(日)9時~です。

次回が今年度最後の活動になります。

ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております!

 

 

 

 


この記事を印刷する この記事を印刷する