みちのく6次産業プラットフォーム

~東北の持続的な農商工連携のために~

上品の郷研修0311 月20 日、21日の実習は一期生がオブザーバーとして参加する実習でした。上品の郷の太田駅長を初めたくさんの方のお世話になりました。

太田駅長は講話の中でこんなことをお話になりました。大手量販店の進出で道の駅の売り上げが2割、3割と減ったときの話題でした。太田氏は病院に運ばれるほどの心労の中で「どうやったら共存していけるのだろう」と考えたというのです。後発の量販店のブルドーザーの様な圧倒的な力に飲み込まれてしまいそうな現実に対して「どうやったら勝てるのか」ではなく「共存」という言葉を口にされたのです。この発想こそが連携に最も大切だということを強く感じました。 続きを読む

上品の郷実習01平成22年11月20、21日と再び上品の郷を訪れる機会を頂きました。昨年は農商工連携プロデューサー育成塾第一期の研修として、今回はインストラクターとしての参加でした。上品の郷を訪れ、太田駅長の熱意溢れる講義を再び聴くことができました。最近上品の郷では、その居心地がいいためか、温泉に入って駐車場で宿泊する人が増えているそうです。ここにいると熱い議論を交わした記憶が昨日の事のように胸の内に甦ってきます。昨年は、リーダーシップ、地域の共感・巻き込み、行政との連携がポイントになると指摘しました。今年は、顧客を引き付ける工夫がまだ数多くあるというリテール面からの専門的指摘があり、商との連携という意味で大変参考となる、よい機会になりました。 続きを読む

理事会1平成22年4月より活動を開始し、毎月1回の理事会開催の他、事業化・ビジネスモデル委員会、法人化準備委員会、広報・会員獲得委員会の3委員会を設置し、今後取り組むべき課題について協議しながら、同時進行で活動を行っています。例えば、事業化・ビジネスモデル委員会では、塾生間の連携から事業化を進めており、具体的には、農産物を直接実需者である加工業者と契約、供給をしながら、将来的には新たな加工技術により加工品を生産し、独自の流通網で販売する計画を進めています。また、農業生産者や酒造元と仙台市内で和・洋の飲食店を展開している会社が連携し、食や酒についてテーマを設け、大人向けのセミナーを開催する計画も進んでおります。 続きを読む

バーベキュー18月28日(土) 残暑残る8月下旬に農商工連携に関わる有志で岩沼フレッシュファームさんでBBQパーティーを開催した。

休日という事から子供たちを引き連れ電車で岩沼へ。農家の庭先でBBQ、とても贅沢なパーティーだ。お酒(日本酒)も旬の商品をチョイスし準備万端。岩沼駅からタクシーでそのまま行ってしまうのは面白くない。少々手前のコンビニで降り、田んぼや畑のある裏道経由でフレッシュファームさんへ向かう事にした。なぜかというと、道の脇に実る米や野菜などの農作物、環境について子供達と話したかったからだ。

続きを読む

設立総会の模様平成22年4月29日(木)、「みちのく6次産業プラットフォーム」(以下、プラットフォーム)の設立総会が開催されました。

設立総会にはプラットフォームの中核となる役員・幹事、関係機関の代表者等、約30名が出席して、プラットフォームの名称、設立趣意書、組織構成が採択されました。

大滝理事長をはじめプラットフォームの役員から、東北地域の6次産業化・農商工連携のビジネス化支援を目的としたネットワークとして、設立にかける思いが発表されました。また、総会にご出席頂いた来賓・顧問の方からは、プラットフォームへ期待することが話されました。 続きを読む